春の訪れ

Sirマイクfujii | - | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

囲炉裏で一杯

Sirマイクfujii | - | 11:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

囲炉裏で焼き鳥を焼く、美味しいのです。

Sirマイクfujii | - | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

はさがけに稲を掛けて、一日で終了しました。

Sirマイクfujii | - | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

黄金色に輝いています。

Sirマイクfujii | - | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

愛車の稲刈り機です。もう20年以上前から、使われていますが。

Sirマイクfujii | - | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

稲刈りが無事に終了しました。

Sirマイクfujii | - | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

山頂の足湯から、雲海がみえます。

Sirマイクfujii | - | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

紅葉の始まり

   
Sirマイクfujii | - | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

農作業の始まり(2013)







   
寒い冬もいつの間にか終わり、新緑の季節になりました。5月の連休までの冬の営業も終わり、
6月からの夏営業に向け、ゴンドラ・チームは整備と点検に明け暮れています。

311の震災から2年あまり、今年は「円安」の影響もあり外国からのお客様も多いようです。
東北や関東にも海外からのお客様が来ることでしょう。

しかし、今だに福島の原発の放射能漏れは収束していない状態です。
「復興」「除染」とは言ってはみても、抜本の解決はされていません。

「情報の開示」をハッキリとした方がいいのではないでしょうか。
海外の人達の方が、日本の現状を把握しているかもしれません。
それが「信頼の回復」に繋がり、人の流れになるのではないでしょうか。

そんな事を考えながら、今年の夏もお客様が来場し、「登山」や「足湯」で楽しんで頂き「また来るよ」
そう言って頂ければ幸いです。夏の丸沼高原もよろしくお願い致します。



今年も始まりました。農作業の始まりです。ヤンマーを転がし、草刈り機をぶん回し、雑草との「闘い」
がはじまります。野良仕事は「草刈と除草」なのだと、今年も思い知るのです。
今年の夏の天候はどうなりますやら、「暑いか」「寒いか」その中間は無いと思います。




泥まみれのヤンマーです。田んぼに畑にこの時期は大活躍です。



田んぼ作業で大変な作業の「くろぬり作業」です。
田んぼ名人により「施工!?」の方法はいろいろあるようです。

田んぼの水漏れを防ぐためのものですが、我が家のやり方は「たっぷりと土をくれる」
おかげで腰にきます。」




腰の痛みに耐え、出来上がった「くろぬり」です。



田植えの前の最終調整「本がき」です。これで平らにならすのです。



田植え当日の朝です。苗が上手く植わるよう「水の調整」が難しいのです。
「ちょうどいい水加減」プロはそれが上手なのですが、素人にはそれがわかりません。
「経験の積み重ね」が大事なのですね。




毎年の田植えは手植えなのです。



今年の助っ人は集まりました。10数名おりました。
去年は4名でしたので、今年はらくでした。それでも腰が痛くなります。



ひじょうにアナログな方法ですが、きれいに植えることができます。
機械に頼らない、化石燃料使わないとは、手間と暇と体を使います。




普段はパソコンとスマートフォンの世代も、この日は泥にまみれ、腰痛に耐えてやっていました。泥だらけの長靴を小川(湧き水)で洗っているところです。




お昼のご飯は、自家製のうどんです。街では食えない新鮮な食材を皆さん味わっていました。
このコップのお水は湧き水です




田植えが終わった田んぼです。毎日の「水の管理」と草刈と除草の始まりです。






若者達も囲炉裏が好きなようです。冬の季節はマイナス10℃ほどの部屋ですので、
太いまきをガンガン燃やしますが、この時期は細めのまきを燃やします。(熱いのです)
オキ(まきが炭になったもの)で焼いた肉・魚・野菜等は実に美味しいものです。
遠赤外線とか言う効果なのでしょうか。ガスや電気とは違い、シンプルですが味わい深いものです。


 

この食卓のものは自生のものです。どこで採れたのか分かるものです。

住む場所や食べるもので「違いの出る」時代に、これからなるのでしょうか。
311の震災以降に「福島を離れた人々」そして「今も福島で生活している人々」
この違いはこれからハッキリしてくると思います。

自分の体に症状が現れ、初めて私たちは気ずくのでしょうか。
少なくとも、情報収集はまめにチェックすることが大事ですね。


最近のネットの仲間は信州あたり(長野近辺)の方達が増えている感じです。
皆さん街の方から移住された方、最近の方や20年ほど前からの人達等です。


子供達にはこれからの未来がありますから、いい環境で生活してもらいたいです。




Sirマイクfujii | - | 13:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
1/6PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS